美白のデメリットとは

 

 

美白のデメリットとは

 

多くの女性の人が美白にあこがれている背景がありますし、美白になるためになるべく太陽の日射からさけるようにしている人も多いです。例えば用事がない時は外に出ないとか、日傘を常にさして外出するとかの方法をとっている人もいます。
たしかにそれが美白になるためには良いことですが、これを長期的にやっていると実はデメリットもあるのです。

 

あまり太陽の日射を浴びないとなると体の抵抗力が弱くなってしまう可能性があります。ただでさえ老化によって年をとると抵抗力が落ちてきますけど、太陽の日射を浴びないでいるとさらに弱くなってしまう可能性があります。
太陽も私たちの体にとっては必要なものであり、日射というのは抵抗力を強める働きもあるのです。つまり常にあまり浴びないとなると体の免疫に関して言えば問題がでてきてしまうので過度の太陽の光の防止はさけなければならないです。美白に励む時はまったく浴びないようにするのではなくて、1日に30分は浴びてほしい所です。
30分くらいでしたら問題ないですし、体にも良いですのでお勧めです。ただし、夏場の時には気温があまりにも高いですので水分補給だけはするようにしてほしいです。
適度に太陽の日射をあびながら美白に取り組みます。

 

 

 

af9920074311l

 

 

自分の「美白の限界」を知ろう

 

色の白いは七難隠す、という言葉にも表されるように、白い肌は今も昔も女性を美しく見せる最重要美容ポイントです。世の中には数えきれないほどの美白化粧品が溢れかえり、美白有効成分が入ったサプリや美容ドリンクも百花繚乱です。また、さまざまな食品も美白効果があるものほどもてはやされています。UVケア対策グッズもよりどりみどりです。しかし、思い出してほしいのが、肌に色には先天的な要因と後天的な要因があるという事実です。同じ黄色人種でも、遺伝子によって生まれつき色白な人と色黒の人がいます。美白グッズやUVケア対策で効果をあげられるのは後天的な場合に限られています。では、どの程度の色の白さが先天的なものなのでしょうか?簡単にチェックできる方法があります。自分のおしりの色を見てみてください。おしりは体の中で覆われていることが多く、光による後天的な変化を最も受けにくい場所です。ここの皮膚の色が自分の生まれつきの最も白いであり、つまりは美白の限界になっているわけです。顔や体の他の部分がほぼ同じ白さを保っていたら、それは十分美白が行き届いている証拠です。

 

これ以上の美白は無用です。また、それより色黒であれば、まだ白くなる余力が残っています。あとどれくらい美白努力すべきなのか、の判断材料となりますので、一度チェックしてみてくださいね