目が紫外線を感じるとメラノサイトが動き出す

 

 

肌の美白のために日に焼けないように肌の露出を避けたり、日焼け止めを塗ったりなど対策をしている人は多いですが、目の対策までしている人は少ないようです。実は目も日焼けをしてトラブルを起こします。角膜や水晶体などの組織は、UVを吸収して目を守ってくれるのですが、長時間にわたって日差しを浴びると、炎症を起こして充血、異物感、涙、乾燥などの症状が出てきます。長期的には白内障の原因にもなります。また角膜がUVを吸収すると、脳から指令が出てメラノサイトの働きが活性化します。これは色素であるメラニンを作り出して体を守ろうとするのですが、このメラニンこそが美白の大敵であるしみ・そばかすの元なのです。そうなるとたとえ肌のケアをしっかりと行っていたとしても、肌は日焼けすることになってしまうのです。一般的に日差しの強い夏を中心に気をつける傾向にありますが、冬の雪による光の反射が多いスキー場でも注意が必要です。
対策として、サングラスを使うことが最も効果的です。UVカットレンズで顔にフィットするものが望ましいです。光の乱反射を防いだり、光量を調節してくれるというより目に優しいものもあります。日本人は虹彩のメラニンが多く、白人と比べると光をまぶしく感じにくいのですが、美肌を守るために注意しましょう。”