唇も日焼けする

 

 

唇にもシミはできますので、しっかりと保護をしてあげましょう。デリケートな部分ですが、意外と見落としがちな部分でもあります。唇も保湿を心がけ、日中はUV効果のあるリップクリームや口紅などを使ってしっかりと保護してあげるとよいです。唇は目立つ場所ですので他人に与える印象にも影響してきます。できてから後悔するよりも、事前に対策をしておくとよいです。唇は乾きやすい部分ですから、こまめな乾燥対策をするとよいです。ただし、リップクリームなどを何度も塗ることで逆に乾燥を招くこともあるので適度なケアを心掛けましょう。また、食べ物の油分による影響も考えなければいけません。食べ物の油分は酸化しやすいですから、その影響については充分に注意しておきましょう。クレンジングの摩擦などもよくありません。デリケートな部分ですから、優しく汚れを落としてあげましょう。また、クレンジングを忘れてしまいがちな場所でもありますので、忘れずにメイクを落とすように心掛けましょう。乾燥を放置しておくことでバリア機能が落ち、抵抗力を失ってトラブルが起きてしまう可能性もあります。夜のお手入れに唇へのスペシャルケアを取り入れるなどの対策をするとよいです。また、唇を噛むなどの癖のある方も要注意です。直接的な刺激になります。